週末になると、平日に比べて株価は上昇するという

ファイナンス学者が導き出した週末効果は株式市場にとって重要

割安株は、いわゆる不人気株目バリュー株と考えてよい。一方、成長株は、高い成長が見込まれている、いわゆる注目株と考えればよい。そして、その二つのポートフォリオの年率利回りの差(バリュー株ポートフォリオの利回りから成長株ポートフォリオの利回りを差し引く)を求めてみると、明らかに、割安銘柄のほうがパフォーマンス良好という傾向を観察できたという。常に、バリュー株の運用利回りが高いということは、そこに市場のゆがみが存在したということになる。

つまり、バリュー株投資には、超過利得が発生していたことになる。なぜ、バリュー株は魅力的なリターンをもたらすのだろうか。これには、伝統的なファイナンス理論でも説明が試みられている。バリュー株投資家は、相対的に高いリスクを負っているため、その分のプレミアムを受け取ることができるという説明だ。ファマとフレンチは、B/M(株価純資産比率)を企業のリスクの代理変数とみなし、異常収益はリスクに対するプレミアムであるという見解を示している。一方、「行動ファイナンス理論」の説明は、これとは異なる。

「行動ファイナンス理論」では、バリュー株投資の異常収益を、投資家の過剰反応、確率推計の誤りといったヒューリスティックで説明する。市場で人気のある成長株、あるいは注目株に投資家の視線が集まる。こうした株式の株価は、通常、堅調な推移が続いており、安値で買うことはできない。多くの投資家は、市場の動きに追随する投資行動を取りがちだ。株価が割安ではなくても、将来の成長が十分なリターンをもたらすと考えて投資を行うことになる。
なぜか出費って重なって訪れることってあります。普通なら大丈夫な金額も、一気にまとまると現金がなくて困ることありますよね。そんな時は、キャッシング 低金利で貸してくれる業者を利用して乗り切りましょう。
実は固定資産を活用することで、相続税額をある程度コントロールすることができます。保有している土地に賃貸の住宅を建てることで、それを立てた際の費用の税額が控除されるからです。


最新情報
2014/12/18 オススメ記事を更新しました。
2014/12/14 新着記事を更新しました。
2014/12/13 週末の株価を更新しました。
2014/12/10 株式市場での「一月効果」を更新しました。
2014/12/08 モメンタム効果の期間を更新しました。
2014/12/06 モメンタム戦略とはを更新しました。
2014/12/05 ファイナンス学者が導き出した週末効果は株式市場にとって重要を更新しました。
2014/12/02 ホームページをリニューアルしました。

オススメ紹介
キャッシングフィールドキャッシング徹底比較ガイド キャッシングサービスのプランネル
審査のスピードや可能な金額等、キャッシングする業者のどこが良いかを比べることが出来ます。サイトで厳選したキャッシング会社を紹介しています。キャッシングに関する特集なども掲載されています。日本文化センターグループのプランネルが運営するキャッシングサービスです。電話・ネットで申し込み可能。